脱毛器での自己処理

ムダ毛処理は脱毛が主流になっています。人気の脱毛方法としては、脱毛サロンでの光脱毛、自宅での光脱毛器による脱毛、クリニックでおこなう医療脱毛などがあります。ところで、自宅で使用できる光脱毛器とはいったいどんなものなのでしょう?そのメリットとデメリットは何か?ここではその点について考えます。

光脱毛とは、波長が長めの、弱いエネルギーを持った光を使った脱毛のこと。毛穴のメラニン色素に反応する波長の光を使い、光のエネルギーを毛穴に集中させて、毛をつくっている毛乳頭や毛母細胞を攻撃します。こうして脱毛を促します。最近では家庭用脱毛器の性能が上がり、脱毛サロンでの脱毛と同じ効果が得られる、とうたっているものもあります。自分で使える家庭用脱毛器は、デリケートゾーンなど、人には見られたくない部位のムダ毛処理にはうってつけです。それに、忙しくてサロンに行く時間のない方にとっても、自宅でできる光脱毛器は重宝することでしょう。

では、自宅用光脱毛器のデメリットはなにかというと、光脱毛器は家庭でも安全に使えるように、光の出力がかなり抑えられています。それで、医療用レーザーで行う医療脱毛と比較すると、わずかな効果しか得られません。家庭用光脱毛器では、どうしても毛の再生率が高くなってしまいます。また、光脱毛器は頻繁にカートリッジを交換する必要があり、その費用も計算しておく必要があるでしょう。種類によってはカートリッジの買い替えに7000円近くかかってしまうので、安めの脱毛器を選んだつもりでも、けっきょく費用がかさんでしまうことがあります。さらに、ムダ毛が太かったり量が多かったりする場合、家庭用脱毛器の力では足りないことがあります。剛毛をしっかりと除去したいなら、脱毛は医療脱毛がおすすめです。